<都立高校>一般入試始まる 平均倍率1.53倍(毎日新聞)

 東京都立高校の一般入試が23日、一斉に始まった。全日制では176校で2万9851人の募集に対して4万5789人が出願した。平均倍率は前年度比0.03ポイント増の1.53倍。不況の影響や公立人気の高まりを受け、学区制が撤廃された03年度以降の最高値を更新した。

 試験は午前9時に始まり、午前中に国語、数学、英語、午後に社会と理科が実施される。合格発表は3月1日。

 普通科の中で男子の応募倍率が3.28倍と最も高かった日比谷高校(千代田区)では、保護者や学習塾の講師らが校門前に立ち、受験生を激励していた。西東京市から来た男子生徒(15)は「倍率は気にしないで頑張りたい」と明るい表情で話した。【真野森作】

<蔵出しみかん>甘〜くなって出荷…岐阜・海津(毎日新聞)
北教組事件 連合、公選法順守徹底確認 参院選控え「火消し」(産経新聞)
共産・穀田氏、「小沢氏を潔白だと誰が信じているのか」 (産経新聞)
小沢環境相 温室効果ガス削減の行程表に「エネルギー基本計画」を反映 (産経新聞)
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論(医療介護CBニュース)
[PR]
by jrcacrbah7 | 2010-02-26 18:50


<< 公的行為の統一ルール、非現実的... 谷垣総裁は「つぶれた会社の社長... >>