京大病院 爆発物騒動で患者を逮捕 威力業務妨害容疑で(産経新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)の男子トイレに爆発物を装った不審物が置かれた事件で、京都府警は30日、この病院の患者で40代の男が事件にかかわった疑いが強まったとして、威力業務妨害容疑で逮捕した。

 事件は2月12日午後0時20分ごろ、同病院の外来診療棟1階の男子トイレの洗面台に「ダイナマイト5本」などと張り紙された青色のリュックサックが置いてあるのを守衛の男性が発見し、通報した。

 府警爆弾処理班が出動し、現場からリュックサックを撤去して中身を調べたところ、女性用の下着や衣類などが入っていた。

 病院では患者ら約500人が避難し、付近の道路も約3時間にわたって通行止めになるなど大きな騒ぎになった。

 府警は悪質ないたずらとみて捜査を進めてきたが、病院の防犯カメラの映像などから男が犯行にかかわった疑いが強まったと判断したとみられる。

海砂採取業者を告発=1億円余脱税容疑−福岡国税局(時事通信)
福岡でも和解勧告=全国2件目−B型肝炎訴訟(時事通信)
預金保険料減額も一案=郵政「民業圧迫」批判で−原口総務相(時事通信)
拉致家族ら追加制裁要請=中井担当相に「送金・渡航全面禁止を」(時事通信)
首相元秘書の初公判=偽装献金認め、即日結審へ−規正法違反事件・東京地裁(時事通信)
[PR]
by jrcacrbah7 | 2010-04-05 11:23


<< 科学的知見から迅速審理を 毒ぶ... 深夜、神戸のホテルぼや 宿泊5... >>