首相、使途公開の意向=偽装献金事件で−衆院予算委(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院予算委員会で、自身の元秘書2人が起訴された偽装献金事件で実母から提供を受けた多額の資金の使途について、「資料が検察から返ってきた時に、事務所費などお示しできるところはお示しする」と述べ、一定の範囲で公開することに前向きな考えを表明した。公明党の井上義久幹事長に対する答弁。
 同事件について、首相は先の衆院代表質問で「決着済み」との考えを強調。提供資金の使途に関しては「脱税の認識はない。不正な支出はない」と主張するにとどまっていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
鳩山邦夫氏、党政倫審で聴取へ=自民
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相
2次補正、28日成立=週明け採決合意
外国人参政権への反対明言=亀井氏

<安保改定50周年>日米の外務・防衛担当閣僚が共同声明(毎日新聞)
説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)
「アバター」が作品賞、監督賞の2冠−米Gグローブ賞(時事通信)
名護市長選、「政党隠し」に腐心の両陣営 それぞれにお家事情(産経新聞)
前の車にピタリ、ETCのバー不正通過460回(読売新聞)
[PR]
by jrcacrbah7 | 2010-01-23 08:28


<< <派遣村>閉所 利用者の自立へ... 戸建てなど10棟焼く、1人軽傷... >>