<ハイブリッド車>接近知らせる装置でガイドライン…国交省(毎日新聞)

 ハイブリッド車や電気自動車の走行音が静か過ぎて危険とされる問題で、国土交通省は29日、音を出して接近を知らせる装置についてガイドラインを決め、メーカーで組織する日本自動車工業会などに通達した。

 ガイドラインなどによると、対象はエンジンを停止しモーターのみで走行可能なハイブリッド車や電気自動車。装置は、発進から時速20キロまでと、後退時に音が自動で流れるものとした。一方、周囲に人のいない場合も考慮し、音を一時停止する仕組みも設けることができる。

 音の種類は、車両の走行状態を思い起こさせる連続音で、音量は今春をめどに示す予定。

【関連ニュース】
VW:11年に「トゥアレグ」HV 日本で販売へ
ホンダ:フィットHV、いくらで売れば…来年発売
トヨタ:新型HV「SAI」発売 1万4000台以上受注
09年新車販売:プリウス1位 HVで初
ハイブリッドスポーツ「CR−Z」登場、二輪車も充実 ホンダブース

被告が判決で舌打ち・ため息、裁判員「残念」(読売新聞)
神戸で住宅全焼、女児1人死亡・2人心肺停止(読売新聞)
子ども手当法案を閣議決定=政府(時事通信)
ジェムザールの乳がん適応追加を承認へ―厚労省(医療介護CBニュース)
野口聡一さん 鬼は外?…宇宙ステーションで「豆まき」(毎日新聞)
[PR]
by jrcacrbah7 | 2010-02-05 15:19


<< 外国人参政権、拙速避けるべき…... <保険金横領容疑>元郵便局長を... >>